市川市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

むちうち症の分類

おはようございます! 本日は、むちうち症についていくつか紹介します。 「バレー・リュー症候群型」 交感神経において最も刺激が多い場所として、後頚部交感神経が上げられます。 心臓、耳、目の症状などに対して指しますが、病院の見解は厳しく自覚的愁訴が 後頚部交感神経がもっとも刺激される場所として、目の症状や、耳の症状、心臓の症状など を指しますが、耳鼻科、眼科などの見方は貧しく自覚的愁訴が主となります。 「頚椎捻挫型」 むちうちの中でも最も多いと言われるのが頚椎捻挫型で、70%の割合占めています。 これは、頚椎の骨と骨の間にある靭帯(じんたいにダメージがある状態の事です。 手首や足首を捻挫した時に内出血が見られますが、それと同じような事が 首の周りで起こっていると考えてもよいでしょう。 「神経根症状型」 脊髄にある運動神経と知覚神経が集合している部分を「神経根」と呼ばれます。 神経根周辺で腫れが発生したり、引抜きのような損傷が発生してしまうと、 神経をコントロールしている部位に症状が現れます。
TOPへ戻る

メディア紹介

ひよこクラブ

「産後骨盤矯正」が得意な当グループの記事が掲載されました。


交通事故対応マニュアル

全国の整骨院で交通事故優良実施院として43000院を抑え選ばれた47院!


週刊文春

交通事故治療において「優良施術院」に選ばれ記事が掲載されました。

市川市整骨院.com
市川市整骨院.com